独立してから一年くらい経ちました

もっとカジュアルにブログ書きたいんですが毎回久しぶりの投稿です。

最後の記事がスマホケースの険しい感じの記事なので、それを上書きするべく3Dプリンター買ったよ!っていう記事も途中まで書いていたのですが時間が空きすぎてもう話題が古くなってしまいそのままの状態です…笑
今回の記事ですが、表題の通り「会社辞めてから一年経ったけどこんな感じだよ!」っていう内容です。

私自身、会社を辞める説が浮上してからそういうキーワードで検索して「フリーランスはここがいい!ここが大変!」みたいな内容のブログをひたすら読んでいた時期があったので、一年経った今の感情をまとめるためにも自分もそういう記事を書きたいなーと思い立った感じです。
ただ、私のケースはこうだよ!っていうだけの話なので、おそらく参考にはならないし独立を考えている人の後押しになるような内容でもないです。ご了承ください。笑
※そもそもなんで独立したか、とかそういう話はよければ直接聞いてください!


私の現状

2017年からフリーランスのデザイナーになりました。
業務内容はWEBデザインやDTPデザイン、ロゴ制作、グッズ制作などです。
勤めていた時の繋がりや紹介で各方面から仕事をいただいており、自分で営業せずともなんとかやっていっています。

2017年2月頃から名古屋のシェアオフィス「ジユウノハコ」というとこに席を借りて週に何回か通っています。
ジユウノハコについてはまたどこかで詳しくお伝えしたいと思います。(メンバー募集中だそうです)

事務所に行っていない時は自宅で仕事したりしていますが、納期がガチガチに詰まっていて移動時間が惜しい!という状態の時以外は正直あんまり集中できません…。笑
そんな日々を過ごしている中で、会社に勤めていたときからの変化や思ったことについてまとめてみます。


フリーでよかった〜〜と思うポイント【生活編】

1.予定を自分都合で立てやすい

私はライブに行くのが好きなので、勤めていたら行けなかった日程のライブに行けるようになったというのはかなり大きいです。
平日に遠征するのも納期さえ守っていれば誰にも咎められないし、
移動中や遠征先のホテルなどでもパソコンさえあれば仕事を進めることができます。
(2016年に大好きなバンドが立て続けに解散したので、「もっとはやく独立していたらもっとライブに行けたのでは?」とちょっと思ったりしました)
あと、平日休みの友達と遊べるようになったのも嬉しい!

2.休日だと混んでいる場所も、平日に行ける

会社を辞めて間もない頃は本当にここに幸せを感じました…。
勤めていたらこの時間この場所にいなかっただろうな、と思ったり
日差しが暖かい時間に歩いて図書館に行って資料を集めたり。
平日の百貨店やテーマパークの平和さ、快適さも幸せだし
ランチも平日の方がお得だったりするし。
地味ですがこれはなかなか心が豊かになります。笑

3.だるかったら休める

納期さえ守っていればいつどこでなにしてようが寝てようが誰も何も言ってきません!!
遅い時間まで対応しなければいけない案件があったりしても、次の日は思う存分寝て回復できます。
疲れたら寝て、コンディションが良い時に仕事する!の精神でいたら、体調崩さなくなりました。(結構ほんとに)


フリーでよかった〜〜と思うポイント【仕事編】

1.自分が担当した、と言える案件が増えた

会社に勤めていたら会社としての制作実績になっていた案件も、
私が担当しました、と言って自分のWEBサイトに載せることができるようになりました。
もちろん現在でも代理店の案件や影武者的な案件はあるので載せられるものの方が少ないのですが、
それでも「自分に対して依頼が来て、それを自分で納品した」という案件があるのはモチベーションがアップする気がします。

2.クライアントの幅や地域が広がった

私がフリーになったことがきっかけで、「独立したって聞いたよ〜!頼みたい仕事があるんだけど…」と声をかけてもらうことが増えました。
また、シェアオフィスが名古屋だということもあり、地元の会社にいた時より色々な地域の色々な案件の話が来るようになりました。
それまでは勤めている時間以外の空き時間でしか対応できていなかったアイドル・バンド関連の仕事も垣根なく対応できるようになり
より多くの案件に関われるようになったと思います。

3.仕事を受けるか受けないかは自分で決められる

条件的に厳しい納期・内容だとしても会社として受けたものは対応しないといけませんでしたが、今はそこの判断を自分で取れるので、無理のないスケジュールと精神状態で仕事をしやすくなります。
逆にいうと、仕事を受けすぎてキャパオーバーしても自分の責任なので誰にも文句は言えません…笑

4.やっただけ収入になる

仕事をすればするだけ収入になります!!!!!!!!!!

5.同業種の繋がりが増えた

イケイケなデザイナーさんやディレクターさんと一緒に仕事することが増えて、私までイケイケになった気分になりました。笑
特にシェアオフィスのメンバーになったことがきっかけで、情報共有できる人が周りに増えて刺激になっています。

6.出向みたいなこともできる

勤めていてもできるとは思いますが、多分契約とかがめんどくさそうですよね…?
パソコンさえあればどこでも仕事できるので、案件を一緒に動かすメンバーがいる場所に通い、効率的に作業することもできます。


フリーでちょっとなあ〜〜と思うポイント【生活編】

1.強い意志を持たないと朝起きられない

(完全に自分の問題)

2.強い意志を持たないと遊びすぎちゃう

(完全に自分の問題)

3.パソコンを持ち運んでいないと不安になる

いつどこで修正が来るかわからない、いつどこで「あのデータ送って」と言われるかわからない、という不安から
友達と遊ぶ時とかでもパソコンを持って行ってしまうようになりました…
結局使わず、ただ荷物が重くなって終わることもしばしば。

4.仕事と休みの境界線がなくなってしまう

予定がない限り永遠に仕事をしてしまうので、完全に休み!という日を作るのが困難になりました。
(もちろん他のフリーの方でそこをしっかり分けている方も多いと思いますが)
特に仕事が詰まっているときは作業ができる環境にいないと不安や焦りを感じてしまい
「今こうしてる時間で◎◎を対応できる…!」と思ってしまうこともあります。


フリーでちょっとなあ〜〜と思うポイント【仕事編】

1.各種手続き、経理関係が大変

freeeを使っているので多少は楽だと思いますが、やっぱり大変!面倒臭い!

2.入金の確認が取れない方への対応がしんどい

気まずいです。(みなさんご協力お願いします。)

【追記】3.仕事の受注のタイミングが読めなかったりして不安になる時もある

突然各方面から一気に依頼があったり、かと思えばいきなり落ち着いたり。
依頼が来ると思ってリソースを空けておいたらその案件がキャンセルになってしまったり。
予測できないことも多々あるのでスケジュールを組んだりするのがたまに難しいときはあります。
会社員だったら案件数に関わらず毎月決まった金額が給料となりますが、
フリーだともちろん納品して請求書を出さないと収入にはならないので、
結構月によって差があったりします…。


まとめ

向き不向きはもちろんあると思いますが、私は多分向いている方なのか独立してよかったと思うことが圧倒的に多いです。
独立しなきゃよかった…とも思いませんし、今後就職する気も現状ありません。
ただやっぱり一度会社に勤めて「見積もり〜制作〜納品〜請求」までの一連の流れや
お客さん・代理店とのやりとりを一通り経験していなかったらもっと悩みは多かったのかなとも思います。
おそらく最初は一番不安に思うであろう「仕事が来るかどうか」という点も、ありがたいことに当初から気にすることなく過ごせています。

独立した当初はもっと「週に1日勉強する日を作る!」「もっと自分の作品を作る!」のように、クライアントワーク以外にかける時間を増やせたらと思っていたのですがそれは全然できませんでした…。
一年経って少しずつ要領も掴めてきたように思うので、今年はリベンジできたらと思っています!
というわけで2018年もよろしくお願いしますー!!!!

独立してから一年くらい経ちました

推しをはさむといいかんじになるスマホケースについて


私が作成している商品の中でもダントツで人気の高い商品に「推しをはさむといいかんじになるスマホケース」というものがあります。
この記事は、そのスマホケースの歴史というかプロセスというか、そういうものをまとめたものになります。


私はもともとバンドやアイドルが好きで、メンバーのチェキやステッカーなどお気に入りのものを100円ショップで買ったクリアケースに挟んでカスタムして使用していました。
同じ様にクリアケースに入れている人は周りにもいましたし、そういう使い方をしている人は珍しくはなかったと思います。

だまし絵みたいなデザインというか、プラスαすることでそれがまた違った見え方になる様なデザインが好きなこともあり、「せっかくなら挟むものが映える様なデザインをスマホケースにあらかじめ印刷したら面白そう」と思いつき、まずは自分が使う為に試しに作ってみようと思ったのが2016年1月のことです。

絵柄がはっきり分からない状態で載せてもRTやいいねをたくさんいただき、
反応がとても良くて「自分以外にも需要がありそう!」と喜んだのを覚えています。
その後、受注販売とTwitterでのプレゼント企画を実施し、
該当ツイートは消してしまったのですが1000RTを超える反応をいただきました。
不定期ですが種類も増え、ヴィレッジヴァンガードの店舗やオンラインストアで取り扱いいただけるようになりました。

周りのお友達だけでなく、知らないところで知らない方が使ってくださっていることも増え、中には「推し」へのプレゼントに選んでくださる方もいらっしゃいました。
Twitterで「このケースにチェキ挟んだよ」と写真付きで「推し」に報告したり、私がデザインしたケースと一緒にチェキを撮った報告を受けたり、スマホケースを通してコミュニケーションが広がっていることに感動しました。

今年に入ってヴィレッジヴァンガード主催の雑貨大賞に応募し、
最終選考まで残り代官山UNITで展示をしていただきました。
この雑貨大賞がきっかけで私の商品を知ってくださった方も多かったと思います。

http://www.zakka-awards.jp/

雑貨大賞にはWEB投票があったのですが、
周りの方だけでなく私が好きなバンドの方やアイドルの方も応援してくださり、
審査を通過するたびに一緒になって喜んでくれました。
なんというか本当に想い出がいっぱいで、この商品が生まれたからこそ広がった世界は間違いなくあります。大切な商品です。

薄っぺらい文章ですが、1年以上前に、確かに自分の手で産んだことを記しておきたくてまとめました。


何か権利を登録したって類似品がでるのはもうしょうがないとも聞きますし、今はあまりそこに対してどうこうしようとは思っていません。
だったら別にこんなブログを書いてアピールしなくても、と思うかもしれませんが
後から出た同じ様なコンセプトの商品を先に知った方からすれば、私の商品は「類似品」だと思うかもしれないし、同じ人が作った関連性のある商品だと思うかもしれないのです。

あとは単純に、後発の商品に対して「画期的!」「このアイデアはなかった!」と言われて広まっていくのは悔しいのです。(私の力不足ですが)
個人ではなく業者であればより一層マーケティングはしていると思いますし、「知らずに作る」ということや「たまたま」ということはまずないと思います。

プリントされた絵柄自体がどうこうというよりは、
「ケースに挟むだけで絵柄が映える、挟むものがあることが前提のデザイン」
そして、「推しを挟むことを推奨しているデザイン」という特徴があります。

私はその特徴のある商品を自分で産んだということは譲れませんし、
これからもマイペースにはなりますが自分の気にいる柄を作って発信していけたらと思っています。


2017.5.24追記

投稿して少し経ちますが、色々考えて改めてこの記事を読んだらなんだかふわふわしすぎてる気がしたので少し具体的に追記をします。

まず、今年の2月ごろに私の商品にコンセプトも絵柄も似ている商品が販売されていると報告を受け、その件を少しツイートしたところ周りから色々アドバイスをいただきました。
恥ずかしながら権利などについて勉強不足なこともあり、商品名を商標として登録して守りたいというのは私の目的とはまたちょっと違うのかなと思い、何をどうしたら良いのかも分からないまま調べているような状況でした。

直接制作元とやり取りしたり、事を大きくして対応にリソースが割かれるのが嫌なこともあり、「自分が変わらずそのまま販売していければそれでいい(逆に、後発のところが何か権利を登録したりして私に影響が出るのは嫌)」という考えでいました。

そんな中「今後もしっかり販売していきたいのであれば意匠権を登録するのがいいよ」とアドバイスを受けました。
私としては、商品の絵柄はたくさんあるしこれからも増えるし、それをひとつひとつ意匠として登録するのはなかなか大変だしどうしたら…と思ったのですが
「ケースにはさむといい感じになるデザインだということが意匠になるんだよ」と教えてもらいました。
ただ、それを登録するにはお金も期間もかかるしということで、教えてもらったサイトやクリエイターのための権利団体に相談したりする程度ですぐに行動に移さずにいました。

そして先日、また別の業者が同様のコンセプトでスマホケースを販売していることに気づきました。
私の考えとしては前回と変わらず、権利を登録していない以上は私の制作に影響が出ない限り直接どうこうするつもりはありませんでしたが、今回は宣伝されてる方が著名だということもあり、私が知らない所でも話題になっていました。

中には、私が関係していると思っている方や、同じ商品だと思い紹介してる方もいらっしゃいました。

そのアイデアは主張するほどそんなにすごいのか?過剰に反応しすぎじゃないのか?と思われる方もいるとは思いますが、このアイデアで私の商品を連想する方がいる以上、私は無関係であり、1年以上前に既に自分の力でアイデアを生んだということを記したかったのです。

誰かを叩きたい、とか騒ぎにしたい、とかそういうことではなく、自分の商品を守ってこれからも変わらず制作するための主張です。

推しをはさむといいかんじになるスマホケースについて

書いていただいた記事など!

またしてもお久しぶりの更新です!
今回は、私の商品について取り上げて頂いている記事をご紹介いたします!
ご紹介、感謝いたします…;;


★ウレぴあ総研さん


【捗る】アイドル、アニメ、バンド他、“ファン活動”が楽しくなる「便利グッズ」特集 – ウレぴあ総研

http://ure.pia.co.jp/articles/-/56508

…こちらの1ページ目にどどんと紹介していただいております◎
お話をいただいたときはびっくりしました!あのまつおかさんだ…!と!!!
他のページで紹介されているものも知っているものばかりでした、私も最近銀テのやつ買いました。笑
実際にチェキを挟むiPhoneケースは私が使いたくて作ったのが始まりなので、
ファン目線で欲しい商品って自分が思っている以上に需要があるんだなあと思いました。


BASE Mag.さん


あなたは何ヲタ??ポップで可愛いヲタ寄り「NZM110」のヲタグッズに共感♡|BASE Mag.

http://basemag.jp/officialblog/2016/03/31/051237

…WEB SHOPとして使用させていただいているBASEのマガジン、BASE Mag.の公式記事として紹介いただいております…!!
すごく丁寧に、ポップな感じに紹介して頂けて照れますね!?
少し前の記事になっているので在庫状況などは今とは違っていますが、
人気がある感が出ててすごく嬉しいです、ありがとうございます…!!

そんな感じです!

書いていただいた記事など!